謎の村人の知恵袋〜歌う日常〜

歌と音楽と最近の出来事について、私が知っている知識や体験談・気になった事をシェアします!

*

ファイナンシャルアカデミーの無料講座受けてきました。

      2016/03/06

友人からのお誘いで先日、新宿でファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」を受けてきました。色々学びがあったので、私のリアルな感想を述べる中で自分の頭の整理と、これから行こうか迷っている方への参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

1.ファイナンシャルアカデミーって?

無料講座を受けるまで存在を知らなかったのですが、日本唯一の総合マネースクールと言われており、株式投資や不動産投資など「お金の教養」を身に付ける事が出来るスクールとの事。2002年に創立され、2014年3月1時点で32万人が学んでいるらしいです。どこかの証券会社や金融機関から発足している訳ではなく完全に独立系なので中立の立場で教育を受ける事が出来るのが強みのようです。だいたい「お金の〜」と聞くと、情報商材とかなんか胡散臭い感じがするのですが、公式HPを見る限りではそのような印象はなく、本当に「学校」のようなイメージを持ちました。(公式HP)

 

2.お金の教養講座

という事で2月20日に新宿で講座受けてきたまとめ&感想です。会場に着いて教室に入ると、机の上には1冊の本とパンフレットが置かれていました。本はこれです。

単純に「おおっ!本が1冊もらえるのか!太っ腹!」と思ってしまいました(笑)・・・本は帰ってから読んでという事だったので、私は講座では開きませんでした。講座の中身ですが、お金に関して10の教養と10の仕組みを学びます。前半が今の自分の状態を把握し「支出を減らす」事を目的としたお話で、後半が「収入を増やす」事についてのお話です。簡単にまとめます。

※自分が覚えてるとこだけ書かせて頂きます。

2-1.支出を減らす

・毎月の収入の2割を天引き預金、もう2割を定額自動送金する
→これはパーキンソンの法則といって、人は収入が上がれば比例して支出も増える傾向にあるので、収入とは別で強制的に預金を作り、限られた範囲でやりくりするというものです。会社でいう、財形貯蓄ようなものですね。知識としては知っていましたが財形やってないので改めて考えさせられました。

・通帳を決算書代わりにする
→通帳の空き枠に、引き落として何に使ったかなど明細を書き、その月の残高がどれくらい残っているかによってABC評価を下すというものでした。また、家を買う時などたまに通帳のコピーをお願いされる事があるらしく、使途不明金が多くないか説明するためにも良い証拠になると言っていました。

・通帳で決算したらP/L、B/Sを作る
→私は仕事が経理なのでP/L、B/Sは馴染みのある言葉です。ここで紹介されていたのは、PLは売上(収入)以上にコスト(支出)がかかっていないか、固定費が収入の3割以上になってしまっていないか確認するためとの事でした。B/Sは今自分の持っている資産を整理し、借金が多くないかを確認する。・・・この辺あまりちゃんと聞いてなかったのでかなりざっくりです(笑)

2-2.収入を増やす

・他人の時間を上手に活用する
→家の税金やお金の事など、税理士や会計士に任せるという事が紹介されてました。普通の家だと5,000円くらいでお願い出来て空いた時間を他の事にまわせると言われてました。時間 > お金 という事が説かれていたのだと思います。

・お金に働いてもらう
→私が興味を持ったのがここです。むしろ、この講座ではここについて聞きたかったです。「お金に旅をさせる」という表現をされてました。お金を株、不動産、為替、債券、商品どれかの島に旅をさせる。それぞれの島の特徴とどういう人にどれが合ってるかを説明してもらいました。私は株だなと思いました。

・お金が入る「仕組み」をもつ
→不動産や株で説明がありました。インカムゲインとキャピタルゲインについて。ポイントは「仕組みをもつ」という事でした。ファイナンシャルアカデミーでは仕組みについて学ぶ事が出来るという事でした。

2-3.まとめ

教養講座についてかなりざっくりと書きましたが、これまでお金について本を読んだり調べたりしてきた方にとっては、新しい情報があまりないかもしれません。しかし、ファイナンシャルアカデミーがかなりホワイトである事が肌で実感出来ると思います。この時点でアカデミーに入って欲しいという勧誘は一切ありませんでした。あと後日、講座でもらった本を読みましたが、書いてある内容の時代は少し前であるものの、著者でありアカデミーの代表である泉さんが事業を立ち上げるまでと、お金を働かせる事についてのノウハウが書かれてあり、個人的にはこのノウハウをタダでゲット出来たのはかなり得でした。無料講座は神奈川の横浜や愛知、大阪でも開かれてるようなので気になった方は是非参加してみて下さい。・・・ちなみに私はもっと突っ込んだ内容を知りたかったので、教養講座の最後に紹介された株 FX無料体験学習会に参加する事にしました。詳細は以下です。

 

3.株 FX体験学習会

お金の教養講座に参加した一週間後である2月27日。私は最も興味のあった株 FX体験学習会に参加してきました。講座はFXの説明から始まります。

3-1.FX

FXは通貨同士のシーソーである事、レバレッジを効かせればハイリターンが望めるがリスクも大きくなる、ファンダメンタル分析やテクニカル分析、移動平均線やトレンドラインについて教えて頂きました。買いサイン、売りサインというのも初めて知りました。はっきり言って、私はFXまったくの初心者だったので目からウロコでした(笑)これもその道の方には当たり前の知識かもしれませんが、かなり分かりやすかったですし、自分でも出来る気がしてきました(笑)また、例で出された画面は実際に先生がiphoneで使っている証券会社の画面で表示させたチャートで実践に近いお話を聞く事が出来ました。

3-2.株

ファイナンシャルアカデミーでは大型優良株ではなく、小型成長株の見つけ方・投資の仕方を身に付ける事が出来るという説明でした。小型成長株は株価の動きがシンプルで、日経平均株価が下落気味でもその影響を受ける事なく成長が見込めるためとの事でした。見つけ方については「会社四季報」を使ったやり方が紹介されました。四季報は聞いた事があったけど実物は見た事なかったです。よく考えるとたまに本屋で積み上がってるのを見た事があった気がします。四季報の簡単な見方や、ポイントはPERが低く、業績が良くてチャートの形が良い会社など教えて頂きました。

3-3.まとめ

正直、想像していたよりもかなり実践的な内容を学ぶ事が出来ました。単純に「もっと学びたい」と思いました。教養講座でも少しふれられましたが、正しい知識に投資する事が出来れば、自分で手探りで知識を集めるよりも時間をかけず効率的に運用を開始する事が出来ます。きっと株やFXは本や情報商材で「やり方」は世の中に溢れかえっていると思うのですが、総合的に学べるのはここだけなのかなと思ってしまいました。そして、しっかり投資した分は運用益でいずれ賄えるのではないかと。良いとこばかりにしか目がいかないのが悪い癖ですが、FXや株を知らない方であれば体験学習会までは行ってみて損はないと思います。

 

4.今後の方針

個人的な事を書きます。FXも株もどちらもやってみたいですが、やはりまずは多少馴染みのあった株から始めようという結論に至りました。体験学習会の最後に、カリキュラムや講師の紹介がありました。大きな特徴としては「講師が自ら投資を行って成果を上げていること」「現在の市場で学べる事」の2つがあるそうです。特にFXの人気講師は講義中に自らの投資を画面に映して行うそうです。「こういう状況の時はこう対処する」という考え方が実践的に学べそうです。2年間講座を受ける事が出来る権利と教材合わせて30万。1ヶ月試してダメだったら返金制度もあるそうです。現時点ではかなり迷っています。やはり「今の市場」で一緒に学べる機会は中々ないと思うとチャンスのように思います。近いうち結論を出したいと思います。いずれにせよ行動してみて良かったと思います。教養講座に誘ってくれた友人に感謝です。

 

※追記

先日、株式投資の学校に入門する事を決め、教材とスクールの権利を獲得しました!まだまだ先の話になりそうですが、投資をして成果が出てきたらこのブログにアップしていこうと思います。

 - コラム(雑談)