謎の村人の知恵袋〜歌う日常〜

歌と音楽と最近の出来事について、私が知っている知識や体験談・気になった事をシェアします!

*

ワードプレスでブログを開設してから1ヶ月の間にしてきたこと

      2016/02/13

ワードプレスでブログを書き始めるようになってから丁度一ヶ月が経ちました。今回はワードプレス立ち上げから今の時点までに私が行ってきた事や感想などを備忘録として紹介します。・・・読んで頂く前に皆さんに伝えたい事は「パソコンとネット環境さえあれば誰でも出来る」という事です。これから始めようと思っている方がいましたら、作業が必要であるため多少の手間はかかりますが、是非とも「簡単だ」という意識をもってスタートして欲しいです。

 

スポンサーリンク

1.ワードプレスをダウンロードするまでの準備

1−1.A8.netに登録

一番最初に行った作業がこれです。ワードプレスを使ってブログを書くためには、ワードプレスを稼働させるためのサーバーが必要です。家を建てるために土地が必要なのと同じ。サーバーは無料のものもあるようですが、安定稼働させるためには有料のものに登録した方が良いとのこと。しかし、サーバー登録後は登録初期費用と毎月の稼働費がかかってしまいます。この初期費用を少しでも減らすためにA8.netに登録しました。

1−2.A8.netでセルフバック(サーバーとドメイン)

1−1−1.セルフバックをしてみよう

セルフバックとは「報酬発生対象の案件に自分で登録して報酬を得る」事を言います。つまり、先程サーバー登録後は初期費用と稼働費がかかると書きましたが、セルフバックにより報酬を受ける事が出来るので、実質初期費用を減らす事が出来ます。これを知らないとただサーバー契約して費用が発生してしまうだけになるので、是非活用しましょう。A8.netの登録は無料です!

1−1−2.セルフバックでサーバー契約

先程説明したセルフバックを実践します!やり方は簡単です。A8.netサイト内に「セルフバック」というタブがあるのでそこを押します。出てきた画面の上部に検索バーがあるので、そこで「レンタルサーバー」と入力すると案件が表示されます。そこからお好みのサーバーを選択し「詳細を見る」を押した後に出てくる「セルフバックを行う」から登録すれば完了です。
私はどれに登録したかといいますと、以下の②WPXです。ワードプレスに特化した運用をする場合はおすすめらしい。どのレンタルサーバーよりも高速アクセスが実現出来るようです。ただ、将来的にワードプレス以外の事もサーバーを利用して行いたい場合は別のサーバーをおすすめします。私が調べてきた中では、どのサーバー比較サイトでも①のXSERVERを推しています。

①XSERVER

②WPX

ちなみに、WPXは14日間の無料お試し期間があります。私は契約していきなりお金が発生するのが嫌でしたし、試してみて使いずらいとなると払い損になるのでまずは無料で登録しました。セルフバックの対象は有料登録後なのでご注意です。WPXのセルフバックでは2,825円ゲットする事が出来ます。

 

1−1−3.セルフバックでドメイン取得

サーバーを契約して家を建てるための土地の準備が出来たら、今度は土地の住所となる「ドメイン」を取得します。ドメインの意味は以下の通り。

hatena.ne.jp と言ったような表現でなされるインターネット上の住所のこと。ドメイン名がわかれば、所属する組織(契約プロバイダ名、会社名、学校名等)がわかる。

(引用:はてなキーワード より)

私はお名前.comで取得しました。

【お名前.com】

広告にも表示されていますが、.comや.netなどのドメインを購入する事が出来ます。「.com」だと年間契約で1,160円です。ここで注意事項が2点あります。
①「Whois情報公開代行」には必ずチェックを入れる。
→ドメインを購入する際に表示されるチェックボックスですが、必ずチェックを入れる事をオススメします。何故ならドメイン名から個人情報が流出するリスクを防げるからです。ドメインを購入して自分のドメインを登録すると、ドメインの管理会社から登録者の情報を確認する事が出来ます。通常であれば登録者の情報が表示されるのですが、この代行を使えば登録者でなく「お名前.com」として表示されるので、自分の情報が公開されるのを防ぐのです。もちろん、会社として運用するのであれば公開するか否か判断する必要もあるかと思います。

②中古ドメインにするかはよく考える。
→中古ドメインとは文字通り、以前使われていたドメインです。お名前.comではドメインオークションなるものが開催されていて、以前使われていたが今は使われてないドメインが販売されています。中古ドメインのメリットはというと、最初からアクセスアップが図れる事です。私は新規しか使用した事がないのでなんともいえませんが、検索で上位に表示されやすかったり、前のユーザが訪れる事が理由のようです。しかし、ドメインは中古といってもサイトの中身は新規ですので、まだ出来たてのサイトに人が集まっても、すぐに離脱されてサイトの評価が落ちてしまうリスクがあるため、中古の購入はよく検討した方が良いと思います。中古ドメインは数万円するものもあるようです。

1−3.サーバーにドメインを追加する

土地と住所がそれぞれ揃ったので、その土地で住所が有効になるように設定を行います。手順としては
①サーバーにドメインを「新規追加」する。
②①が完了になるよう、ドメインを取得したサイトのドメインネームサーバーを変更する。(私の場合、お名前.comで変更します。)

ちょっと②が分かりづらいかもしれません。分かりやすいサイトを見つけたので紹介します。
wpXレンタルサーバーに新規ドメインを追加
WPXの例で紹介していますが、他のサーバーでもこの設定方法はネットで検索をかければすぐ見つける事が可能ですので、出来ない方は探してみて下さい。これで家を建てる準備(ワードプレスをサーバにインストールするまでの準備)は完了です!

 

2.ワードプレスをインストールしてから記事を書くまでの準備

2−1.ワードプレスのインストール

家を建てます。(ワードプレスをサーバにインストールします。)WPXやXSERVERは自動インストール機能が付いているので、面倒な作業は不要でサーバーにインストールする事が出来ます。詳細は「wpx」サーバの使い方とWordPressのインストール方法ご参照。
※こちらもwpxを例としています。「Wordpressのインストール方法」でインストール方法を確認出来ます。
初期設定もお忘れなく。WordPressインストール後すぐやっておきたい6つの初期設定

2−2.テーマの設定

「テーマ」とはワードプレスでユーザーがサイトを訪問した際、「どう見えるか」を選べるものです。家のデザインだと思ってみて下さい。家のデザインは土地と違って、ある程度の型はあるものの、様々なものがあると思います。テーマも同じです。有料のものもあるみたいですが、テーマをまとめているサイトを見ると、無料でも十分にやっていけるとの事。私は「STINGER5」をテーマにしました。アフィリエイト集客するSEO対策済みWordPressテーマ・テンプレート集←サイトはワードプレスでのテーマの設定方法及び様々なテーマ集が載っています。サイトでも言われていますが、昨今ではネット検索においてスマホがPCを上回っているようなので、スマホ表示対応のレスポンシブデザインをテーマにする事が賢明だと思います。
・・・これで実際に記事を書き始める事が出来ます。(テーマを設定しなくてもデフォルトで設定されているものがあるので実際はインストールした時点で可能。)

 

3.Google各種ツールへの登録

〜2.までの設定で記事が書けるようになりました。そしていよいよ記事を更新!どうなるか。・・・そうです。アクセスが集まらない。せっかく書いた記事が誰にも読まれないのです。なんたる事でしょう。一生懸命書いたのは良いものの、最初のうちは特にこの現象に見舞われます。まったくといって良い程アクセスが集まりません。そもそもGoogleやyahooの検索エンジンに自分の記事が登録されていない場合が多いです。ではどうするか。SEO最適化(検索エンジン最適化)を行います。

3−1.Google Search Console(Google ウェブマスターツール)の登録

先ほどSEO最適化と書きましたが、簡単に言うと「Google先生に自分のサイトや記事が検索エンジンで表示されるようにしてもらう申請をする」作業を行います。詳しくはこちら。【保存版】Googleウェブマスターツールの使い方完全マニュアル
検索エンジンに自分のサイトや記事が登録される事を「インデックスされる」と言いますが、これはGoogleの検索ロボットが「クロール」といって、自分のサイトを訪れた時に記事などを確認して検索エンジンに登録するという作業がされないと通常はインデックスされません。しかし、このウェブマスターツールの「Fetch as Google」機能を使って自分の更新ページを申請すれば、インデックススピードが上がります。最近では私のサイトも申請してからかなり早いスピードでインデックスされるようになりました。1分以内にはインデックスされている気がします。・・・その前にサイトマップの作成と登録もお忘れなく。

3−2.Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスは何かと言いますと、「アクセス解析」です。アクセス元の国やアクセス時間、よく読まれているページや検索ワード、サイト訪問時間など、事細かく詳細を確認する事が可能です。(スマホアプリ版もあり。)設定するにはアナリティクスのユーザ登録後、「トラッキングコード」というコードを取得して、ブログサイトの編集を行わなくてなりません。詳しくはGoogleアナリティクス設定|導入~分析までの完全攻略ガイドをご参照下さい。スマホで確認出来るのも本当に便利です。・・・ちなみにアナリティクスの導入は検索エンジンに影響するのではなく、こちらのアクセス分析に関係する話なのでSEO最適化とはちょっと違うかもしれません。ただ、アクセス解析からユーザの分析などを行い、自分が狙うターゲットを絞る大切な情報にもなる事から、あえてここに書いています。

 

4.Googleアドセンスの登録

好きな事や伝えたい事をブログで記事にして、なおかつそれが収益になる。Googleアドセンスはそれを実現してくれます。収益発生の仕組みは、Googleアドセンスが提供する広告がユーザにクリックされる事によって収益が発生。(1クリックあたり平均、3、40円と言われています。)1,000円以上で換金が可能です。そのためにはGoogleアドセンスへ自分のサイトを紹介(申請)して、審査が通れば広告をサイト内に貼れる権利が付与され、運用していく事が可能になります。審査は昨年11月まで1次審査、2次審査がありましたが、現在では審査=2次審査のみとなっております。(変更前は1次:機械による審査、2次:人による審査)
審査を通すための攻略法は色々歌われておりますが、私のこのサイトは記事数6(1記事だいたい1000文字付近)、サイト開設4日目の時点で審査が通りました。中には「最低でも一ヶ月はサイトを運用すること」と書いているサイトもありますが、日数はあまり関係ないのかなと思いました。ちなみに申請までは画像や他サイトへのリンク、アダルト系の内容は禁止のようです。興味がある方はこちらを読んでみて下さい。Googleアドセンスアカウント審査突破方法完全版

 

5.一ヶ月運用してみた結果

一ヶ月目の結果を簡単に報告します。
①公開記事数:27(この記事を除く)
②ページビュー数:500〜600の間(正確な数値は記載しない事にします。)
③ユニークユーザー数:150〜200の間
④平均ページ滞在時間:だいたい3分
⑤アドセンス収益:500円届かず↓

数については自分がPCで編集する時のカウントは含まない設定にしています。(参考)Googleアナリティクス基礎:自分のアクセスを除外するただ、スマホビューの確認に何回か使ってるのでそれは含まれちゃってますが。
自分のアナリティクスのキャプチャ公開は規約違反との事なので、このページには載せれませんがざっくりとこんな感じです。ほんとに少しずつではありますが、検索による上位表示とアクセス数が増えてきているので2ヶ月目もこの調子で進めたらなと思います。また一ヶ月後報告したいと思います。アドセンス収益ははっきりいって、友人や別でやってるブログで紹介した時にきっと知り合いがクリックしてくれたであろうものなので、2ヶ月目からホントの勝負です。頑張ろう(>_<)b

 

 - コラム(雑談)