謎の村人の知恵袋〜歌う日常〜

歌と音楽と最近の出来事について、私が知っている知識や体験談・気になった事をシェアします!

*

RHINOCEROS①

      2016/01/16

ポルノグラフィティ、10作目のオリジナルアルバムRHINOCEROSの感想です。
今年、2015年の8月15日にリリースされました!最近楽曲はレンタルして聞くかネットで購入していたのですが、このアルバムはCDを購入しました!
そして今回のアルバムにはアルバム先行封入特典でチケットを応募出来るチャンスがあったので応募。12/16(水)に横浜アリーナで行われた追加公演に参戦して来ました!
それを含めた感想を書いて行きます♪

 

1.ANGRY BIRD

この曲はアルバムを聞く度に好きになっていった曲でした!歌い出しの早口な感じと、リズムが好きです。あとラストサビ前のドラム連打も良い感じです。歌詞の意味からすると、世の中に対しての不満や怒りをANGRY BIRDを通して表現している感じですかね。※歌詞の解釈まったく違っていたらすみません。。。私は音楽は9割方メロディ重視です。僕が参戦したライブでも1曲目に歌われました!ライブで聞くとちょっとゆっくりめというか心地良い感じに聞こえました。

2.オー!リバル

見んさい・聞きんさい・歌いんさいの「3さいシリーズ」のうち、最後にあたる歌いんさいのナンバー。そしてそして名探偵コナンの映画、「業火の向日葵」の主題歌の曲です。僕は今年コナンの映画も見ましたが、映画終わる時の曲の入り方が絶妙だったのを覚えています。「リバル」は「ライバル」という意味があって、怪盗キッドに例えられているようですね。曲のリズムは待ってましたとばかりのポルノらしい、「ちゃっちゃっ、ちゃっちゃっちゃっ」というラテン系のリズムです。アゲハ蝶やジョバイロのように、ハルイチさんのアコギ姿も超かっこ良いです♪あと歌いんさいだけにみんなで「オー」と歌える所が良いですね。歌詞は2番サビの、「この姿を映してるありのままにただ演じているだけ」の部分が好きであります。

3.Ohhh!!! HANABI

PVもありますしシングルっぽい雰囲気が醸し出されている曲ですが、アルバム収録曲です。これもかけ声があって、赤・「青」・金・「銀」のとことかライブで叫びまくりました(笑)こうして文字で並べるとポケモンのようですね(笑)緑と黄とクリスタルがない!話逸れましたが、夏にお祭りで花火が打ち上げられている情景が浮かんでくる曲です。特に青春を謳歌している学生にはぴったりではないでしょうか!?今年は夏終わってしまいましたが、来年の夏におすすめです(笑)

4.wataridori

作詞作曲が昭仁さんの曲です。

僕のイメージでは昭仁さん作詞の曲は落ち着いている印象を持っています。昔、黄昏ロマンスのCW「小説のように」を聞いた時は落ついているというか重いイメージでしたが(笑)この渡り鳥も歌詞だけ見るとちょっと重い印象を持ってしまうのですが、演奏と昭仁さんの声が感動的な感じに仕上げておられます。ライブでも聞き入ってしまいました。

5.Hey Mama

来ました!!作詞作曲そしてボーカルも晴一さんが担当されている曲です。しかも最後の「一晩中愛し合いなよ」以外は全部英語!ライブでも歌ってくれました!イントロが流れた瞬間はとても盛り上がりました。本人は少し緊張しているご様子でしたが、アヒル口のイケメンボーカルでした♪この曲は自分の奥さんや子供に向けて作られたのかな??

6.俺たちのセレブレーション

3さいシリーズの「見んさい」にあたる曲です。この曲の曲調メッチャ好きです。ファンの間では有名な話なのかもしれませんが、歌い出しの「丸い月が」の部分が「悪い月が」に聞こえますね(笑)俺に語りかけてくる〜♪「幻想じゃなくアポロは降り立ったんだ俺にでも行ける〜」の部分の歌詞が好きです。自分でも何か出来るのではないかという気にさせてくれる曲です!!

7.Stand Alone

この曲はサビの「逃走だ〜」のすぐ後に入るギターの音が耳に残ります♪そして歌詞が好きですね。歌詞の通り、逃走してみたいものです。毎日の満員電車と会社(笑)「逃走だ 行き詰まる程の 窮屈な毎日に 小さな奇跡起こせ 誰も気付かなくても」←最後のサビの好きな部分です。さっきメロディ重視と言いましたが、曲に聞き慣れてくると歌詞もよく見るようになるので、そうなると結構歌詞も重視してる事に自分で気づきました(笑)

 

アルバム全14曲のうち7曲の感想を書いてきましたが、8〜14曲はパート2で書きます。完全に自己満ですがありがとうございました。

 

※もしこの記事を見て不快・不満に思う方がいましたら申し訳ございません。あくまで個人的な主観を書いているものですので、一人の人間の感想なんだと思って見て頂ければと思います。

 - 楽曲の感想